乳首 黒ずみ

暑い夏にこそやるべき

乳首黒ずみ

途中こんにゃくが冷えてきたら、タオルを取って温度調整をしてください。芯まで暖まったこんにゃくなら1時間位はずっと暖かいままです。

 

こんにゃく湿布はこのやり方で終了なのですが、内蔵が疲れているなと思っていたら、是非最後に脾臓を10分冷やしてあげてください。脾臓の位置は左の肘があたる脇腹あたりになります。缶ジュースなどを使って冷やすと簡単です。

 

全部で1時間強の手当になりますが、これはまず何よりも本当に気持ちが良いのです。温泉に入ったりするよりもずっと身体が芯から暖まります。「冬は良いかもしれないけど、蒸し暑い夏には無理」と思われる方もいるでしょう。でも実はこんにゃく湿布の手当は、蒸し暑い夏に最もおすすめなのです。

 

夏になると暑いですから、皆さん薄着をすると思います。加えて冷房をかけたり、冷たい食べ物や飲み物を摂取する機会が増えますね。こうしたことから、身体は外側だけでなく内側も予想以上に冷えてしまっているのです。

 

一度暑い夏にこんにゃく湿布を経験してみると分かると思うのですが、大抵の方は「夏で暑いから身体も暑いと思っていたけれど、実は身体の内側は冷えていたんだ」ということを実感できる位、内蔵を暖めるとからだは快適さを感じます。

 

暑い夏にこそ内蔵を暖めてあげることで、体内が活性化されることで食欲不振、夏バテ、夏風邪などを起こすことがなくなります。