乳首 黒ずみ

出産でバストサイズが大幅ダウン

乳首 黒ずみ

出産してから赤ちゃんを母乳で育てるお母さんが多くいらっしゃいます。母乳を与えている時期は乳腺が発達するため、普段品乳の方でもバストのボリュームがアップします。

 

ところが断乳してからは母乳を作る必要がなくなるため、乳腺の働きも低下してバストのサイズも段々とダウンしていき、妊娠前よりもサイズが小さくなってしまうように感じられます。
その理由はホルモンバランスが大きく変化したことと、胸のサイズに大きな変化がみられたことで、その変化に対応できないまま皮膚が伸びてしまったことが原因です。

 

母乳を与えている時期は女性ホルモンの分泌が活発になります。それがバストのふくらみを作っている乳腺の発達を促してくれるのです。ところが断乳してしまうと女性ホルモンの分泌量も低下してきてしまうため、バストのサイズが段々と妊娠前のサイズに戻っていきます。

 

元の胸のサイズに戻ったはずなのに、なぜかサイズダウンしてしまったように感じるのは胸の皮膚が伸びてしまったからです。

 

出産してからおおよそ1年から1年半を目安に断乳をする女性が多いのですが、たったそれだけの期間に胸のサイズが大きく変化してしまうため、皮膚がその変化に対応できなくなるのです。

 

よくテレビなどで以前かなり太っていた方が大幅ダイエットに成功すると、太っていた時の皮膚の伸びが痩せてからも残っていることがあります。

 

それと同じで皮膚の伸びに対応できなくなってしまうため、胸全体が垂れ下がってしまいます。それが胸のサイズがダウンしてしまったように感じる原因です。